最新Mac OSではiPadが外部ディスプレイに

AppleのmacOSの最新メジャーアップデートでは、iPadがMacの外部ディスプレイになるという機能が追加されます。これは従来サードパーティーアプリで提供されていた機能ではありますが、macOS 10.15で公式機能となりました。

この外部ディスプレイ機能は、macOS 10.15で導入された新しいウィンドウマネジメントシステムの一部です。ユーザーが、ウィンドウの最大化ボタンにマウスオーバーするとオプションが表示され、これまで通りのフルスクリーンモードか、タイル化の新オプションか、あるいは外部ディスプレイに送るという選択肢が出るようになります。

また、Appleはウィンドウを画面端にスナップする機能も開発中だといいます。ライバルであるWindowsでは数年前から利用可能になっている機能ではありますが。

iPadが外部ディスプレイになるということは、Apple Pencilと合わせることでMac向け液晶タブレットになるということでもあります。MacとiPadの接続が有線のみなのか、ワイヤレスでも可能なのかはまだ分からないところですが、続報が楽しみです。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら