アップルはMagSafeみたいに磁力を使った充電ケーブルを研究している

アップルが充電アダプターをMagSafeからUSB-Cに変更した際、多くの人が失望したことに疑う余地もありません。なぜなら、MagSafeは充電ケーブルの接続に磁石を使っているため、もしケーブルを引っ掛けてしまった場合でも、簡単に取り外せるためです。同時に、アップルがUSB-Cへの移行を望んでいることも理解できます。

USB-Cを採用した結果、ケーブルを1本接続するだけで、モニター出力と充電が同時に可能になります。しかし、ここでの良いニュースは、MagSafeを葬ったのにも関わらず、アップルは磁力を持ったケーブルによる充電の研究を今も続けているということです。

最近発見された特許「Smart Charging System for Portable Electronic Devices(持ち運び可能な電子デバイス向けのスマート充電システム)」によると、磁石を内蔵したケーブルを使うことで、つまづいた時のダメージを防ぐことができます。アップルによると、スマート充電システムには、磁力を持ったケーブルと、ポータブル機器に対して動的にひきつけたり、コネクタを反発させる充電部品を含むとしています。

もちろん、アップルがこの技術を本当に実現するか、確認することはできません。しかし、アップルがMagSafeを完全に諦めていないということに心が躍ります。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら