Windows 10、バグアップデートをアンインストールする新機能

Windows 10のアップデートでバグが降ってくるなど、かえって不便になった経験は少なくないですよね。そんなとき、どれだけWindowsに精通しているかにもよりますが、どう対処したらいいか分からないという人も多いと思います。Microsoftは、こうしたバグアップデートをアンインストールしやすくする新機能を搭載する方向で考えているようです。

この機能は、アップデートによってOSが起動不可能になる場合にのみ適用され、その際にはWindows 10がそのアップデートを削除するとしています。そして、削除後に「スタートアップ失敗からデバイスを回復させるため、最近のインストールしたアップデートを削除しました」とユーザーに通知するとしています。

同社によると、このアップデート削除機能は「最後の砦」だということです。「この機能は、他のあらゆる回復方法を試してみても失敗したときにのみ発動します」

そして、バグアップデートのアンインストールを有効にすると、自動で30日間はアップデートをブロックするとしています。

これは、問題を調査し、その期限内に問題を解決したパッチアップデートを配信するための期間を同社やパートナー企業に与えているということです。30日がすぎると、Windowsは再びアップデートをインストールしようとします。

最近もWindows 10の更新プログラムでいくつかの問題に遭遇したことを考えると、これは歓迎すべき機能のように思います。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら