ニンテンドースイッチをWindows 10化するプロジェクト、Androidに続き進行中

主にゲーム機器として設計されたニンテンドースイッチは、徐々にモダールの夢になり始めています。以前、一部の開発者がAndroid Qをスイッチ上で起動して実行する、という作業をやっていました

Twitterで@imbushuoが投稿した内容によれば、彼はバックグラウンドでWindows 10を実行しているニンテンドースイッチの写真を公開しています。この写真、いくつか見るべきポイントがあります。そのうちの1つは、実行中のバージョンが「Windows 10 ARMバージョン」であることです。第二に、写真で見る限りはWindowsのロゴと回復スクリーンが起動するだけ、というものです。

ただこの開発者、彼は最終的にニンテンドースイッチでWindows 10を稼働させることができるだろうと信じています。理由として、スイッチはタブレットとほぼ同じ機能を持ち合わせており、NVIDIA Tegra 1の形式のモバイルプロセッサを搭載しているというポイントが挙げられます。さらにこの開発者は、以前はWindows 10をRaspberry上で稼働させています。

この取り組みの最大の問題点は、これに感化されてWin10化しようとスイッチを改造すると、保証が無効になる可能性が高いという点です。また、改造されたコンソールを使用すると、任天堂がアカウントを禁止する可能性もあります。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら