楽天とクアルコムが5Gチップの展開で協力へ #MWC2019

5Gは、モバイルデバイスのモバイル接続における次の標準となることが大いに期待されていますが、クアルコムはその変更と改善により、モバイルデバイス以外でも利用できると考えています。MWC 2019で、同社はスマートフォンの外で使用するために設計された新しい5Gネットワ​​ークチップを発表しました。

同社は、日本で小売店向けネットワーク機器に5Gチップを供給するため、楽天のモバイル部門と協力していることを発表しています。それに加えて、5Gチップを5Gネットワ​​ークに接続できるようにするために5Gチップをコンピュータに使用する方法を想定しています。私たちはすでに4Gをサポートするパソコンを多く目の当たりにしているため、それほど驚きの使用目的でもありませんが、5Gにおいてはその動きが加速する、ということでしょうか。

クアルコムはまた、5Gが自動車メーカーのための新しいチップセットを発表した自動車の分野でも存在すると考えています。クアルコムはすでにインターネットへの接続を支援する自動車用のチップを製造していますが、5Gチップは自動車をインターネットに接続するだけでなく、信号機のように他の自動車や物体と通信できるようにします。自動運転車に必須の技術ともいえ、大きな産業間コラボレーションの一つとなるのでしょう。

クアルコムは、モバイル以外の用途で5Gを想定しているだけではありません。例えば中国では、遠隔手術を行うために 5Gが使えるか検討しています。また、ディズニーやベライゾンのような会社も、娯楽分野での5Gの使用を検討しています

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら