Google アシスタント、航空機の遅延まで予測可能に

アメリカでは、ホリデーシーズン中に旅行するケースが多く、国土が広大なこともあり、航空機の利用は日本における鉄道並に浸透しています。そして、彼らの旅行を手助けするために、Google アシスタントがフライトの遅延まで予測できるようになります(※米国において、日本では未提供)。

この機能は、フライトデータについてユーザーが検索した時に表示される情報について、85%以上の確率で遅延すると予測した場合に遅延の可能性があると表示されます。これは、過去の飛行状況のデータに基づいて予測したもので、例えばホリデーシーズンだから遅れるのではないか、といったイメージで予測するようです。

Google アシスタントですから、画一的な質問ではなく、例えば「ねえGoogle、時間通りに飛ぶの?」といった質問でも遅れについて予測を返してくれるようです。また、今後はフライト遅延が予測された場合、Google アシスタントが積極的に通知してくれるようになる予定です。

Googleはもともと、「Google フライト」という検索機能でチケット価格を比較できるようにしたほか、持ち込み手荷物の価格情報などのフィルタリングも可能です。日本で遅延予測が提供されることを気長に待ちたいところですが、まずはGoogle フライトで年末年始の格安旅行券でも探してみては?

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら