Apple Watchを懐かしの「iPod」化できるケースが出たら、欲しい?

AppleのiPodが登場しなくなってから数年が経ちました。iPhoneでApple Musicを再生できる現状、もはやiPodの役目は終わったとすれば、確かに発売する必要性はないものですが、あなたがiPodにまだ未練があるとすれば、このコンセプトケースは興味深いものかもしれませんよ。

Joyce Kangによって設計されたこのケースですが、Pod Caseと呼ばれるように、Apple WatchをiPod風のデバイスに作り変えます。実際の製品ではないコンセプト画像のため、ケース下部にある物理的なコントローラーでどうApple Watchをコントロールできるかはわかりません。

また、サイドとバックには穴があるので、時計を物理的にコントロールしたり、心拍センサーも利用できるものの、この形状にした場合は心拍センサーを実際に利用するのは難しいでしょう。ただの充電用、でしょうね。もう1点、Apple Watchは大容量ストレージを備えているわけではないので、あなたの音楽ライブラリを満足に再生できない可能性が高いでしょう。

アイデアとデザイン面では、このクールなケースが欲しい!と直感的に言いたくなるものの、実際に利用するとなると、Apple Watchの可能性をフルに活かせるわけではないので、なかなか難しい今日このごろですね。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら