iPad ProをMac Miniのモニターに変身させる「Luna Display」

Mac Miniの魅力的なポイントの1つは、小型で持ち運びしやすいということです。つまり、接続できるディスプレイ(とキーボードやマウスなど)があれば、家のどこにでも設置できます。しかし、別途ディスプレイを入手したくないのであれば、Luna Displayはかなりクールな選択肢と言えるでしょう。

Luna Displayは、MacBookユーザーがiPadを外部ディスプレイに拡張できるオプションの1つです。今回、同社の技術を使うことで、新型Mac Miniと新型iPad Proをペアにして、タッチ対応のディスプレイを備えた風変わりなコンピューターに変身させました。

もっとも重要な点は、iOSとmacOSを交互に使えることです。「Lunaアプリを立ち上げると、iPad上でmacOSが動きます。Lunaアプリを終了すると、再び普通のiPad Proとして使うことができます。これは奇妙でエキサイティングなことですが、一度このワークフローに慣れてしまうと、なぜすべてのApple製品にペアリングできないのか不思議に思うのです」。

もし、このデバイスに関心があるのなら、Luna Displayのドングルは80ドルで入手でき、USB-CまたはMini DisplayPortの2種類から選択できます。すでにiPad/iPad Proを持っているのであれば、新しいモニターを買うよりも安くつくでしょう。設定方法については、同社のウェブサイトに一連のセットアップ方法が紹介されています。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら