Facebook、ハラスメントやいじめに対する新ツールを追加

世界最大規模のSNSであるFacebookは、その分ハラスメントやいじめといった問題も抱えており、この解決が望まれています。同社はこの問題に対処すべく新たなツールを追加しました。これにより、ユーザーはオンライン上の「悪いふるまい」から自身を守ることができます。この目的のための2つの新ツールを導入しています。

ユーザーは、Facebook上での投稿と他の人々がやり取りする方法をよりコントロールできるようになります。コメントは多くの場合、ハラスメントやいじめに使用される可能性があるからです。ユーザーは、投稿のオプションから一度操作するだけで、複数のコメントを削除または隠すことができるようになります。

この機能は現在Androidとデスクトップ向けに提供されています。iOS向けには、今後数ヶ月で提供される予定です。Facebookは、ユーザーが簡単に検索でき、コメント群の中から浮かび上がった攻撃的な言葉を簡単にブロックできる方法をテスト中だとしています。

また、自分以外の誰かがいじめやハラスメントにあっていると思われるとき、その人に代わってその投稿のメニューから報告することもできます。一度報告が上がると、同社のコミュニティーオペレーションチームがレビューをし、その問題に対処すべきか判断を下します。

いじめやハラスメントに関する決定に、異議を申し立てることも可能です。ある投稿が報告され、そしてレビュー後に取り下げられなかった場合、ユーザーはチームに2回目のレビューをすぐに申し立てることもできます。

編集部が日本向けに翻訳編集したものです

原文はこちら