Razer Phone 2はスナドラ845搭載とベンチマークから判明

Razerは、10月にRazer Phone 2を発表する予定です。最近のGeekbenchの情報では、Razer Phone 2はいくつかのマイナーアップグレードをしており、AnTuTuのリストからもRazer Phone 2の情報を確認できています。

Razer Phone 2には、Qualcommの最新チップセットであるSnapdragon 845が搭載されるようです。RAMは8GBで、ストレージは512GB。ディスプレイ解像度は2560×1440ピクセルとのことですが、実際のディスプレイサイズは不明です。

OSはAndroid 8.1 Oreoとなります。Android Pieを望んでいた一部の人々にとっては少し残念な点です。まだ変更される可能性はありますが、ベンチマークソフトの情報を見ている限り、OSは現状8.1 Oreoのままです。以前から指摘しているように、本機と前機種のRazer Phoneの違いはあまり多くなさそうです。

しかしデザイン面では異なるという情報もあります。同社のChroma LEDライティングシステムを搭載するということですが、それが同社のゲーミングPCやその他周辺機器と同期するかについてはまだ不明です。

編集部が日本向けに翻訳編集したものです

原文はこちら