Intel、第8世代CPUのWhiskey Lake & Amber Lakeを発表

Appleの2018 MacBook Proのリフレッシュは、ノート型パソコンのパフォーマンスを大幅に向上させただけでなく、ユーザーが必要に応じて最大32GBのRAMを設定できるようになったことで印象的なものでした。ただ、次回のリフレッシュに向けて、Intelの8世代のプロセッサを搭載することがほぼ保証されていることを喜ばしく思うでしょう。これは、Intelが(9to5Mac経由)8世代のCoreプロセッサはWhiskey LakeとAmber Lakeになると公式に発表したためで、Intelは薄型軽量ノート型パソコンを念頭に置いて設計しています。

Intelによると、Whisky Lake Uシリーズのプロセッサには、i7-8565U、i5-8265U、i3-8145Uがあり、前者はクアッドコアプロセッサーで、後者は2GHzでデュアルコアプロセッサーです。Amber Lake Yシリーズのプロセッサには、i7-8500、i5-8200Y、およびm3-8100Yが含まれます。これらは、Uシリーズと比較して機能満載ではありませんが、バッテリ寿命を延長することが期待されています。

Intelはそのチップセットをどこで使うかは言及していませんが、Uシリーズは次のMacBook Airリフレッシュに向けて急いでいる可能性が高いと推測され、Yシリーズはおそらくしばらくの間リフレッシュされていない12インチのMacBookに落ち着くとみられています。

編集部が日本向けに翻訳編集したものです

原文はこちら