ソニーのPS5は2019年後半に登場か? 日本のアナリストが予測

    アナリストはソニーのPS5が2019年後半に発売であると確信

    PS4 Proは、4Kゲームをプレイするのに十分な仕事をこなしていますが、次世代のプレイステーションがどんなハードウェアとゲームを提供してくれるのか多くの人が気になっていると思います。そこで、PS5の話が最近話題に上りました。

    ソニーがいつ発売するかは分かりませんが、日本のエース経済研究所のアナリスト安田秀樹氏は、2019年後半に登場する可能性があるとしています。安田氏によると、コンソールを2019年後半に発売すると予測されるものの、同時に部品不足のために遅延が生じる可能性があると主張しています。

    これらのコンポーネントは、自動車やスマートフォンより高度なモノリシックタイプのセラミックコンデンサを使用します。これにより、安田氏は、コンソールに実装するために十分な部品が残っているか、少なくともソニーが生産しようとしている規模がまかなえるかについて懸念を表明しています。

    ソニーは今年、PS4がライフサイクルの終わりに近づきつつあり、後継機がもうすぐ登場する可能性を示唆しました。しかし、他の報告では、早ければ2020年に登場するかもしれないと言及しています。いずれにしても、時間はたつかもしれませんが、ソニーの旧世代コンソールは通常、最初の1年~2年は新しいコンソールと並行してサポートされているため、PS4またはPS4 Proを購入することに問題はないでしょう。

    編集部が日本向けに翻訳編集したものです

    原文はこちら