液晶版iPhoneは2020年まで残るかも?

LCD iPhoneは2020年までApple社のラインナップに入り続ける

Appleは長年iPhoneに液晶を採用してきましたが、2017年に「iPhone X」で有機ELを採用しました。今後は、有機ELに完全移行していくとみられますが、液晶好きに朗報、液晶版iPhoneはまだまだ続くようです。

韓国の報道によれば、まだ数年間は液晶版iPhoneを製造し続けるようです。 今年が液晶版iPhoneの最後の年という報道もありますが、2019年モデルに取り組んでいるAppleの情報を整理すると、依然として液晶版をラインナップしている可能性が高いようです。

有機ELモデルを完全に置き換えるまでに時間がかかることは、製造面からあまり驚きとは言えません。Appleは、同社の要求を満たし、生産効率を上げるためにLG Displayに投資したとも言われているからです。

ただ、液晶版iPhoneでもディスプレイの品質は非常に高く、Appleが今後もずっと、液晶版iPhoneを量産し続けても、特に問題ないと思うんですが……。有機ELモデルより液晶モデルの方が安ければ、液晶モデルを買います…よね?

編集部が日本向けに翻訳編集したものです

原文はこちら