Windows 10でCortanaを無効にする方法

    Windows 10でCortanaを無効にする方法

    バーチャルアシスタントは、ここ数年のトレンドでした。 Microsoft社のCortanaは、PC、ノートPCの両方に最適なオプションの1つです。 しかし、この機能を使用したくない場合はどうしたらよいのでしょうか? このチュートリアルでは、Windows 10でCortanaを最小限の手間でオフにするプロセスについて説明します。

    Cortanaを無効にし、Cortanaが知っている情報を削除する
    1.スタートキーの隣にあるCortanaアイコンをクリックします
    2.歯車のアイコンをクリックし、Cortanaのダッシュボードを起動します
    3.メニューのすべてのトグル(二つの状態が交互に入れ替わるスイッチ)をオフにします

    Windows 10でCortanaを無効にする方法

    Cortanaで履歴を消去するには、以下の手順を実行します。
    1.スタートキーの隣にあるCortanaアイコンをクリックします
    2. Cortanaのダッシュボードを起動するには、歯車のアイコンをクリックします
    3. [アクセス許可と履歴]タブを開きます
    4.「クラウド上でCortanaが管理しているユーザー情報を変更する」をクリックします。
    5.スクロールして[クリア]ボタンを押します

    追加措置
    Cortanaがあなたをよりよく知るように、タイピングと会話パターンをモニタリングします。 特定のオプションを無効にすることも極めて簡単です。
    1.スタートキーをクリックします。
    2.設定アイコンをクリックします。
    3. [プライバシー]タブを選択します。
    4.左のパネルにある「音声認識、手描き入力、入力の設定」オプションをクリックします
    5. [音声認識サービスと入力候補をオフにします]をクリックします。

    編集部が日本向けに翻訳編集したものです

    原文はこちら