Windows 10、まもなくリモートでのアプリインストールが可能に

    Windows10ユーザーはすぐにリモートインストールアプリ可能

    ユーザーのアプリダウンロードをより簡単にすべく、Microsoft社は新たにリモートインストール機能を一部のユーザーに公開しました。

    この機能により、ユーザーはマイクロソフトストアのWebサイトから、サインインしている任意のPCにアプリをリモートインストールできます。これは、同社にとって正確には新機能というわけではなく、今や悲運をたどったWindows Phone OSで利用できた機能でした。

    この機能はWindows Phone専用ではありませんでした。というのもAndroid搭載端末ではもう大分前からGoogle Playストアを通じてAndroid搭載端末でこれを行うことは可能だったからです。Microsoft社がこの機能をPCに導入したのは初めての事です。

    ユーザーはマイクロソフトストアのWebサイトでアプリケーションのページを開いたとき、自分のPCにプリインストールされているマイクロソフトストアで開くように以前は求められていました。しかしこの便利な機能により、どこからでもアプリページを閲覧し、「自分のデバイスにインストールする」オプションを使用して自動的にデバイスにアプリをインストールすることができるようになります。このオプションは、ログインしているPCのMicrosoftアカウントにすでに登録されているアプリをインストールするために使用できます。

    この機能は、現時点でWindows 10ユーザーのごく一部でのみ使用可能であるようです。近い将来、より多くのユーザーに展開されるかもしれません。

    編集部が日本向けに翻訳編集したものです

    原文はこちら