Microsoft、独自のゲーム配信サービスを開発中 あらゆる端末でXbox Oneのゲームが可能に?

    Microsoft社は独自のゲームストリーミングサービスを開発中

    ゲームストリーミングサービスはこれまでいくつかありましたが、実際にはそれほど多くの消費者はそのようなサービスを購読しておらず、ゲームを購入する方を好んでいるように見えます。しかし、Microsoft社はそのようなサービスに手を差し伸べようとしているようです。

    Xboxの公式サイトによれば、Microsoft社は独自のゲームストリーミングサービスを開発しているようです。「Microsoftは、デジタルゲームを推し進める新たなイノベーションを導入しました。それには、MSの機械学習チームが開発したFastStartや、あらゆるデバイスでコンソールゲーム機のクオリティーを提供できるゲームストリーミングデバイスを作るというゲームクラウドチームの計画が含まれます」と述べています。

    現時点で詳細について分からない点もありますが、言葉通りに意味を取れば、コンピュータ、タブレット、スマートフォン、または他のコンソールなど、あらゆるデバイスでXbox Oneのゲームを楽しむことができるということになりそうです。

    最近では、カプコンなどの企業がNintendo Switchにバイオハザード7 レジデント イービルを配信するため、ゲームのストリーミングを利用している例もあります。Valve社がローンチしたSteam Linkアプリは、正確にはゲームストリーミングデバイスではないのですが、機能としては類似しており、コンピュータ上で動作するゲームを携帯電話へ配信する機能を持ちます。

    Microsoftのゲームストリーミングサービスがいつ開始されるのかは言及されていませんが、引き続き注目しています。

    編集部が日本向けに翻訳編集したものです

    原文はこちら