陪審員は本日Samsung社とApple社との特許訴訟で審議

陪審員は本日Samsung社とApple社との特許訴訟で審議

AppleとSamsungは、2012年から特許侵害訴訟で争っています。

前者は、韓国企業が一部の特許を侵害したデバイスを販売したと主張していました。 AppleはSamsungを訴え、その後10.5億ドルの損害賠償金が認められました。しかし、それはこの法的闘争の始まりに過ぎず、数年間続いていました。最近の訴訟は完全に堂々巡りになっており、陪審員は現在審議しており、今回の公判で最終評決を下す予定です。

2012年、最初の公判が終わった後、新たな公判が始まり、損害額が再計算されました。Samsungは結局、2015年にAppleへ5億4,800万ドルを支払うことになるまで戦い続けました。しかし、Samsungは、侵害訴訟の利益から損害賠償を回収できるかどうか、または損害賠償の対象となるコンポーネントの価値を限定することができるかどうかについて、米国最高裁判所に意見を求めました。

裁判所は、損害賠償額が侵害訴訟の価値に限定される可能性があると判決したため、この法的闘争が最初に始まったカリフォルニア州北部地方裁判所に訴訟が差し戻されました。裁判所は現在、Appleが再び10億ドルの損害賠償を求める声明を審議していますが、Samsungは、侵害しているデバイスの利益に基づいてではなく、2800万ドルに制限すべきだと言っています。

最終的に、どちらに勝利の女神が微笑むのでしょうか。

編集部が日本向けに翻訳編集したものです

原文はこちら