今年のiPhoneには3D Touchがない?

数年前に、Appleが発表したiPhoneの新機能の1つが3D Touchでした。これはApple Watchに搭載されているForce Touch技術を拡張したもので、MacBookシリーズのトラックパッドのようなことができます。しかし、iPhone向けのこの技術の開発が進んでいないため、今年から機能がなくなるのではないかといわれています。

これはMacRumorsが引用した、バークレーのアナリスト、Blayne Curtis氏らの調査書に基づいています。彼らはAppleのサプライチェーンにいる複数のサプライヤーと接触し、3D Touchが2019年のiPhoneから取り除かれることが分かったとしています。

これはもっともらしいことで、というのも3D Touchは技術的にはポテンシャルを秘めていても、これをどう使えばいいのかよく分からないのです。ユーザーはどのアプリがこの機能で何をできるのか理解しなければならず、しかも一貫した経験ではありませんでした。

3D Touchをなくす代わりに、iPhone XRで新搭載されたハプティックタッチに移行すると噂されています。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら