楽天、約17000人の全従業員にプログラミングの習得を要請へ

エンジニアというキャリアを望まない限り、これまでは、コンピュータプログラミングを学ぶことは一つの選択肢でしかありませんでした。しかし、身の回りにガジェットとテクノロジーが普及した今では、コードを学ぶことがこれまで以上に重要になっています。これは、非常にさまざまな選択肢とキャリアパスを切り開くためのものでもあります。

楽天で代表取締役会長兼社長を務める三木谷浩史氏は、17000人以上の従業員全員がプログラミングの学習を必須化すると明らかにしました。ブルームバーグテレビジョンのエミリー・チャン氏とのインタビューで、三木谷氏は次のように述べました。「IT企業に勤務しているのであれば、コンピューターの内容に関する基本的な知識が必要です」。

MITスローン経営大学院の情報技術・組織研究の教授であるトーマス・マローン氏によると、三木谷氏の取り組みはこれだけではないと言います。「私たちは皆、ITによって形作られた世界に住んでいます。しかし私たちの多くは、病気に似たテクノロジーの精神モデルを持ち合わせていますが、これは悪霊によって引き起こされます。適切な質問をする方法がわかるように、この取り組みで人々に十分な理解を与えることができます」。

近年、さまざまな企業が、若い世代へのプログラミングの指導に取り組み始めましたが。AppleはSwift Playgroundsなどのイニシアチブを立ち上げ、MattelはBarbieフランチャイズで子どもたちのコーディング能力を引き上げようとしています。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら