折りたたみスマホ時代の到来、Appleの”時代遅れ”にApple共同創業者が憂慮 #MWC2019

SamsungとHuaweiが、ディスプレイが折れ曲がる「折りたたみ式スマホ」をMWC 2019で発表しました。また、OPPOについても同様にプロトタイプを披露しています。しかし、そのようなデバイスを敬遠しているように見える会社が1つあります。そう、Appleです。

Appleは長い間、ある種の唯我独尊を貫いていますが、同社が折りたたみスマホに取り組まないことを、共同創業者であるSteve Wozniakが憂慮しています。ブルズバーグ氏とのインタビューで、Wozniak氏が語っています。

彼は、Appleがここ最近も「Touch ID」や「Face ID」「Apple Pay」など、いくつかの分野で業界をリードしているとして、その仕組みづくりを讃えました。しかしながら、「折りたたみ式スマホではリードできなかった。折りたたみスマホは業界のトレンドになると思うので、そこが心配だ」としています。

一部補足すると、Appleは過去に折りたたみスマホのためにいくつかのアイデアを特許出願、取得しています。ただ、特許を持っているからとはいえ、それが現実のプロダクトになるとは限りません。

もちろん、LGなど他メーカーも「需要が本当にあるかどうか、判断できるまで折りたたみスマホは様子見」としており、Apple自身もそのように考えているかもしれません。そもそも、折りたたみスマホが本当に便利に使えるかどうかという判断も必要です。なぜなら、タブレット形状にして、また元に戻すことができるスマホがユーザーが必要としてるのか、わからないわけですから。

ただ、Wozniak氏はインタビュー全編を通して、Appleの将来についてかなり楽観的に考えているようです。

「彼らはiPhoneで成功し、それが長い間彼らの全事業でした。今、彼らのビジネスは多岐にわたっています。それらの多くがうまく行ってるんですから」

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら