Apple、トラッキング防止機能をSafariから削除へ

どうやら、Safariブラウザの次のバージョンでは「Do Not Track」(トラッキング防止)機能を削除するようです。Safari v12.1のリリースノートで、フィンガープリンティングとしての利用を妨げてしまう、Do Not Trackを削除すると言及されています。

Safariからこの機能を削除するAppleの決定は、あなたがSafariを利用しているとしてもあなたのオンラインプライバシーには大きなインパクトを与えません。なぜなら2017年に、同社はこれを代替する手段を提供し始めているからです。

それはSafariで利用できるインテリジェント・トラッキング防止機能で、これは機械学習で広告の追跡動作をピックアップし、あるウェブサイトから別のサイトへ移動するときに広告主がユーザーの動きをオンラインで追跡できないようにします。

ユーザーがDo Not Trackをオンにしていたとしても、ウェブサイトはそのユーザーのシグナルを追跡してはいけないという制限はありません。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら