AirPodsは2020年に完全リニューアル、来年は「ワイヤレス充電」対応へ

Appleのアナリストとして知られるMing-Chi Kuo氏によると、Appleの完全ワイヤレスイヤホン「AirPods」は、2020年までモデルチェンジしない可能性が高いようです。モデルチェンジではないケースがワイヤレス充電可能になるマイナーアップデート版は来年初めにリリースされるかもしれません。これまでの彼の予測精度は非常に高く、期待したいところです。

投資家に向けた予測では、ワイヤレス充電やBluetooth 5.0への対応、新しいWシリーズチップを搭載したマイナーアップデート版は2019年第1四半期に発売予定です。ワイヤレス充電可能なAirPodsケース自体は、以前にも噂として上がっており、登場する可能性は十分にありそうです。

一方で2020年には、新しい設計のAirPodsが登場する模様。第1世代のものから大幅にアップデートしたリニューアルモデルとしての登場になるようです。Kuo氏によれば、iOSとこうしたデバイスがより高いレベルで統合されることで、より革新的なユーザー体験を提供できるようになるとしています。

もちろん、あくまで予測の範疇ですから期待しすぎても難しいところですが、少なくともAppleがAirPods関連で2019年に何らかの発表を考えているようです。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら