マイクロソフト、ChromeベースのブラウザをWindows10向けに開発中?

マイクロソフトがWindows 10を発表したとき、彼らは同時にEdgeも発表しました。EdgeはInternet Explorerに比べてモダンで早いことを特徴としていましたが、この数年間というもの、これはある種のジョークとも捉えられていました。驚くことでもないのですが、多くのユーザーはChromeやFirefoxなどのブラウザからの乗り換えを依然として望んでいませんでした。

Windows Centralは、こうした事情からマイクロソフトはついにEdgeについては白旗を上げ、Edgeを置き換えるべく、新しいブラウザをChromeベースで開発中だと伝えています。

コードネームはAnaheim。この新しいWebブラウザはレンダリングエンジンをChromeとともにするChromiumがベースになるといいます。この転換により、実質的にマイクロソフトはEdgeHTMLをギブアップするということになりそうです。

Windows Centralによれば、新しいブラウザはWindows 10の新たなデフォルトブラウザとなりますが、Edgeというブランドやそれっぽい何かが維持されるのかは不透明です。

基本的に、Chromeユーザーがこの新しいWebブラウザに乗り換えても、ブラウジング体験で何か不便をすることはないでしょう。

例えば、ユーザーがWindowsを新規にインストールして最初にやることといえば、Chromeをダウンロードしてインストールすることですよね。もし新しいデフォルトブラウザがChromeとほぼ変わらないものであるのならば、ユーザーもわざわざChromeをダウンロードせず、そのまま新ブラウザを使い続けるという選択を取るかもしれません。

この新ブラウザがいつ出るかは全く不明ですが、Windows Centralは2019年前半を予想しています。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら