Googleとディズニー、Google Homeで「マジカル」な体験を提供

読書に比べて、映画やテレビが優れている点というと、視覚的なエフェクトやSE音、BGMなどが雰囲気を盛り上げてくれるということです。「本でも、そんな体験ができたら──」Googleとディズニーは、そんな願いに応えるソリューションを発表しました。

2社は、Google Homeを使った読み聞かせ体験を強化するべく、協業することを発表しました。これは、ユーザーが本を音読しているときにBGMやSE音を良いタイミングで再生するというものです。Googleの説明には次のように記載されています。
「今日から、『リトル・ゴールデン・ブックス』を音読すると、Google Homeが読んでいる箇所に合わせてSE音やBGMを再生します。われわれは世界最高のストーリーテラーであるディスニーとパートナーになりました。」

この機能が有効になっていると、ユーザーが読み聞かせを一時停止したかどうかを判別できるといいます。ポーズした場所が分かるということは、次に読み聞かせを再開したときに音の再生も途中からできるということです。

もちろん、開始当初にこれに対応する本のタイトルは限られています。まず対応するタイトルは、『モアナ』、『トイストーリー3』、『ジャック・ジャック・アタック!』、『ピーター・パン』、『シンデレラ』、『不思議の国のアリス』、『3匹の子豚』、『ミッキーマウスと宇宙船』、『ミッキーのクリスマス・キャロル』。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら