iPhone XSの自撮りは「よく写りすぎ」!? 一部で話題に

iPhoneに搭載されるカメラは毎回良いものです。このカメラは必ずしもベストであるとはみなされないかもしれませんが、それでも多くのユーザーが不満を抱かないほどには良い品質の写真を毎回撮れるほどには良いものです。しかし、AppleがiPhone XSに施した「改善」に、ある「ウワサ」が囁かれています。

あるユーザーがiPhone XSと6sの自撮りを比較したところ、その違いは大きく、XSが優れていたといいます。これは、ユーザーの預かり知らぬところでAppleがカメラアプリに美肌効果などのテクニックを密かに適用しているのではないか、と一部で考えられています。

肌をスムーズに、明るくするようなビューティーフィルターは他社のスマートフォンメーカーやサードパーティアプリにありますが、Appleはこれまでそうしたギミックには二の足を踏んでいる印象でした。実際、アプリ内フィルタに関する限りでは、Apple純正のカメラはほぼベアボーンであり、ポートレートモードとポートレートライティングが最近ギミックとして追加された程度でした。

iPhone XSの自撮り写真が「よく写りすぎ」と感じるユーザーは多くいます。皆さんはどう思いますか?Appleは、説明を怠ったまま密かに美肌フィルターを追加したのでしょうか?

編集部が日本向けに翻訳編集したものです

原文はこちら