Apple MusicのUIがブラウジングしやすい仕様にアップデート

Apple Musicに寄せられる批判の一つが、デザインです。Appleといえばデザインを誇る会社ですが、このアプリのUIが良くないと感じているユーザーは多くいます。Appleは1年を通して変更をかけてきましたが、今回、新しいUIが登場しました。

この変更はサーバーサイドのアップデートで、より整理されたUIに変わっています。これは、Apple Music上でのアーティストコレクションの再編成も含んでおり、より「論理的な」方法でニューリリースが追加されるとしています。基本的にスタジオ・アルバムはそれ自身のセクションを持っており、初めに表示され、シングル、EP、ライブアルバムなどの各リリースは分離して表示されるといいます。

AppleInsiderがいうように、これまでのAppleはシングルとアルバムをまぜこぜにして表示しており、望みのものをApple Musicで見つけるためには複数のレイヤーを徹底的に探さなければいけませんでした。

今回の変更で改善はされましたが、また自身で探す必要もあります。Appleはこれまで、トレンド入りしている音楽をユーザーが見つけやすいようにトップ100チャートを発表したこともありました。

Apple MusicのUIは確かに批判されてきたが、その成功も無視はできません。最新の情報では、Apple Musicは比較的短期間でUS市場でのSpotifyを追い抜いたようです。

編集部が日本向けに翻訳編集したものです

原文はこちら