Apple Watch、新しい「Watch OS 5」にウォーキートーキー

今日、WWDC 2018でApple社はwatchOS 5の形でApple Watchに搭載される次の主要なアップデートを正式に発表しました。予想通り、このアップデートは新しいフィットネスに関連した機能や改善に重点を置いていますが、コミュニケーションベースの機能が追加されました。

アップルによれば、「watchOS 5は、ウォーキートーキーを導入し、友人や家族と素早く、楽しく、簡単にやり取りできます」としています。Wi-Fiや携帯電話を使用している世界中のApple Watchユーザーとの間で、素早く、パーソナルに繋がれます。

watchOS 5が新しいウォーキートーキー機能で発表

プッシュトーク機能は新しいものではありませんが、Dick Tracy氏のような気分になりたいと思っていたら、Appleはあなたにそのチャンスを与えています。新しいフィットネス機能については、Apple WatchのユーザーがActivity Ringsを終了する際に互いに競争できるようにするActivity Competitionsが導入される予定です。

watchOS 5が新しいウォーキートーキー機能で発表

また、新しいオートワークアウト検出機能、ヨガやハイキング(12の新しいトレーニングの中で)などの新しいトレーニング、指定されたペースの前後にいるユーザーに警告する新しいランニング機能などのサポートが追加されました。

watchOS 5が新しいウォーキートーキー機能で発表

また、Apple WatchからPodcastを聞くことができるほか、Siriのウォッチフェイスも改良されています。Siriのウォッチフェイスでは、日々のルーチンに基づいた機能のダイナミックショートカットをユーザーに提供します。watchOS 5は今秋にリリースされる予定です。

編集部が日本向けに翻訳編集したものです

原文はこちら