WWDC 2018でSiriがパワーアップ!?

SiriがWWDC 2018で新しいボイスを追加予定

WWDC 2018で、Appleが何を発表するのか多くの人が希望を抱いて待ち望んでいます。iOSとmacOSに関するアップデートを前提に、もっと早く、深く知りたいと思っていますが、Siriが一つ大きなアップデートを抱えているようです。

Siriの音声コントロールは、他社と比較して用途が限定されていますが、The Apple Postのレポートによれば、SiriはWWDC 2018で新しいボイスを追加するようです。これは、同社がAppleの今後のイベントについてSiriに尋ねたところ、答えたものです。Siriによると、このイベントでデジタルアシスタントは、iOS 12に関する発表で、新しい音声アシスタントの機能を公開するようです。

Google I/O 2018で、GoogleがGoogle Assistantの新しい音声コントロール機能を多数発表し、Amazonも開発者に対して音声コントロールの自由化を促進させていることを踏まえれば、Appleが同じことをする可能性があることは、まったく驚きではないでしょう。

面白いことに、さらに質問したところ、Siriは新しいHomePodが発表さるることを示唆して、「輝く新しい家」を手に入れようとしていることを明らかにしています。

Appleは廉価版HomePodの計画を持っているという噂があることから、ちょっと期待したいところですよね。廉価版HomePodの価格は200ドル、もし発表されたら、日本向けに製品を投入してもらいたいところです。

編集部が日本向けに翻訳編集したものです

原文はこちら