犬の老化を逆行させる研究者。そしてついに人間にも。

すべての生き物は年を取り、最終的には死にます。それは物事の自然な摂理であり不可逆的な順序です。しかし、リジュベネイト・バイオ・スタートアップ(生物を若返らせることを研究しているスタートアップ)の研究者は、そういった自然の背摂理を変え、あるいは私たちの寿命を少しでも長くしたいと考えています。これらは遺伝子治療によって行われ、彼らはすでに人類の歴史で、最善の友人である「犬」についての遺伝子治療を開始しました。

スタートアップの共同設立者であるハーバード大学医学部のジョージ・チャーチ教授によると、今年初めにポッドキャスターであるRob Reidに対して、「私たちはすでにマウスで試しました。そして犬で何件か試し、この後はもちろん、人間に移りますよ。」と語りました。

イモムシやハエなどの生物で発見された、特定の遺伝子的手掛かりに基づいており、その遺伝子を調整することで寿命が倍増する可能性がある、とのことです。
彼らは若いマウスからの血を、老いたマウスに輸血することで若干のレベルで、いくつかのバイオマーカーを復元することができることを発見しました。
ただし、これまでのところ「犬」での検査が成功したかどうかは不明です。

同社は米軍特殊司令部から軍用犬の増強を調べるための助成金を獲得しており、またスパニエルとドーベルマンマン・ピンシャーでよく見られる「致死的な心臓病」を止める方法を研究しており、その結果を人の病気にも適用する事を検討しています。

編集部が日本向けに翻訳編集したものです

原文はこちら