iPhoneの電池交換の待ち時間が増えている問題について

iPhoneの電池交換の待ち時間が増えている問題について

iPhone6Plusの交換用バッテリーは不足しており、米国や一部の地域では3月下旬〜4月までバッテリー交換を待たされる可能性があるとのことです。

こういった状況から、iPhone 6 Plusの所有者以外も影響があると思われています。

 

ビジネスインサイダーのバークレイズのアナリスト、マーク・モスコウィッツ氏は、iPhone6Plusバッテリーの在庫不足が原因で、他の機種でのバッテリー交換における待ち時間も増えているという状況をニュースを述べていました。

以前は約2.3週間ほどでしたが、これ依頼2.7週間に増加しており、バッテリー交換の需要が高まっていることが示唆されています。

アップルは最善を尽くしてこれに対応していると述べてますが、このバッテリー不足問題はまだ改善されていません。

 

さらにモスコウィッツ氏は、こういった状況でユーザーは新しいデバイスに買い替えるのではなく、多くのお客様はこのバッテリー交換を引き続き選択して利用すると考えています。これまでモスコウィッツ氏は、待ち時間の長さは、iPhoneの買い替え需要に影響を与える可能性があると報告していました。ユーザーがこれ以上さらに待たされる状況になれば、買い替えを検討する人は多いと思われます。

 

アップルは以前にも、バッテリーの交換が買い替え需要にどのように影響するかを考慮せずにいました。こういった長い待ち時間は、アップルにもユーザーにも全く無意味なものとなっています。

 

編集部が日本向けに翻訳編集したものです

原文はこちら