Touch IDとUSB-Cを搭載するiPhone、今年登場と専門家談

Appleはこの2年間で興味深い決断をしてきました。例えばTouch IDの廃止や、Lightning端子からUSB-C端子への置き換えなどです。しかし、2019年は少なくともこのうちの1つの機能が戻ってくることになりそうです。

Atherton ResearchのアナリストであるJean Baptiste Su氏によれば、2019年にTouch IDとUSB-Cを採用し、前面のノッチがより小さくなったiPhoneが発売されるそうです。面白い予想ではありますが、希望的観測という感じも拭えません。

Appleは以前に、iPhone XとともにFace IDを使用していく計画で、Touch IDは選択肢にならないと述べていました。もしAppleがTouch IDに戻ることがあるのであれば、それはFace IDに何か問題があったか、あるいはTouch IDを採用した方が安価に作れるか、などといったことが考えられます。

USB-Cについては、iPad Proにすでに採用されていることを考えるとおそらく時間の問題でしょう。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら