Android 9.0 Pie、Wi-Fiの自動ON機能で「つけ忘れ」を回避

Android 9.0 Pieはデフォルトで「Wi-Fiを自動的にONにする」を可能に

Wi-Fiは一般的にモバイルインターネットよりも好ましい接続環境ですが、それをオフにしたい場合があるのも分かります。たとえば、Wi-Fiが安定しない、または特定の場所で無料のWi-Fiが十分に機能しないケースなどです。うまくつながらないWiFiを無効にして、モバイルインターネットを使用することもあるでしょう。

ただし、このままWi-Fiを再度有効にするのを忘れることもよくあります。朗報として、Android 9.0 Pieを使うことで、うっかりデータを使い果たさずに済みそうです。というのも、新OSではデフォルトで「Wi-Fiを自動的にオンにする」が有効になるからです。この機能は、基本的にスイッチでオフになっていてもWi-Fiを自動的にオンにします。

これは、過去に接続したネットワークで、自宅やオフィスなど、信頼性が高い「高品質」なネットワークでのみ機能します。この機能は、Android 8.0 Oreoでも導入されていましたが、デフォルトで有効にするのはメーカー次第でした。

しかし、Android 9.0 Pieでは、アップデートを適用したすべてのデバイスで有効となるため、ユーザーはオプションを探したり、考えたり、苦労する必要はありません。

編集部が日本向けに翻訳編集したものです

原文はこちら